卒業生の声 - I さん(神奈川県・男性・50才)


新着ニュース 

4月4日、インターネットラジオ 

ホンマルラジオ表参道局の 

「可能性の扉を開く鍵」 という番組に出演。 

口臭について30分、

パーソナリティーの高橋梓実さんと話しました。

http://honmaru-radio.com/azumi0007/


「あなたの口臭いわよ!」妻にこう言われたのが今から2年ほど前のことでした。
その後も数回、若干離れた距離で向かい合わせで話していないにもかかわらず妻から口臭の件を指摘されました。

妻:「あなた食事の後歯磨きしてるの?そんなんだと人に嫌われるよ!」
「私(身内)だから言えるけど、他人だったら遠慮して言わないし、嫌われるわよ!」
私:「そうかな~?さっき歯磨きしたばかりなんだけど」

口臭の原因がどこにあるかわからず、ある日最寄りの歯科医を訪ねました。
診断の結果、歯周病ほか異常はどこにも見あたらず「マメに歯磨きしましょう!」との回答だけでした。

その後、マメに歯磨きをしているにもかかわらず妻からまた同じ忠告を受けたのです。
「あなた口臭い!ちょっと近くで話しかけないでッ!」....ショックでした。

妻:「歯磨きしても口臭があるのは、どこか他に原因があるんじゃない?」
私:「そうかもしれないね。内臓から来るものかなぁ~?」

実は、私は軽度の糖尿病に3年前よりかかっていたため、糖尿が直接的な原因かもしれないと疑ってみたりもしました。しかし、主治医に訊いてみると「糖尿と口臭の因果関係はまったくありません!」と一笑に付されたのです。

「歯磨きしているのに口が臭いと言われてしまう」
「じゃぁ、どうすればいいんだよ~ッ」
「もういいやッ、このままにしておこう。嫌われたら嫌われただッ」
となげやりな気持になりそのまま放置しておきました。

そうこうして(歯磨きだけはマメにして)2年が過ぎたのですが、花粉症の季節の到来とともに改めて口臭の件で、その悪臭に悩まされることがありました。

花粉症でくしゃみとともに飛散する唾液の臭いに驚かされたのです。その飛散した唾液がマスクの内側に付着して、マスクをするとその臭さに自分でさえ耐え難い嫌悪感をおぼえました。また、自宅のトイレなど密閉された個室の中でくしゃみをした際にも、飛散した唾液の悪臭が充満し、鼻をつまみたくなるほど耐え難いものとなっていました。

そこで今回は真剣に口臭予防をしないと本業(相談業務・講師講演業務など)においてお客様に多大な迷惑がかかってしまうであろうと自覚し、さまざまな側面から自分の症状と照らし合わせ、どういった専門医が自分に適切な治療を施してくれるのか、知人の医療関係者にも尋ねながら、ネットを駆使して通院できる2つの専門医を見つけました。ドライマウスを扱う口腔外科医、口臭治療に特化した歯科医(口臭科)の2つです。

ドライマウスは私の諸症状に適合するものが少なかったため、最終的に口臭治療に先進的に取り組まれている専門医・福田久美子先生(赤坂パークビル歯科)に相談してみようという判断に至りました。

まずは電話で問い合わせ

たまたま久美子先生は不在だったため、熊川先生に対応いただき、私の症状をお話しした後、治療の全体像を伺いました。加えて費用面も気になるところ(健康保険が利く利かない)なのでしっかりチェック。

「口臭治療は健康保険対象外となります」熊川先生の応えにドキッ。
「え~ッ!○万○千円もかかるんですかぁ」診療費用を訊いてビックリしました。

はたして(口臭科という聞き慣れない科名でもあり)治療効果が望めるものなのか?
またかつての歯科医のように「マメに歯磨きしましょう」なんて通り一遍な答えだけだったらどうしようといった対費用効果も含め一抹の不安を抱きながら「しかし、この現状はこれ以上放置できない!」と覚悟し訪院を決めていました。

まずは無料相談を受けることにしました。
無料相談は短時間なため、時間の効率を考えて、不在の久美子先生宛、事前に私の症状をまとめたシートをFAXさせていただきました。

無料相談日には、そのシートを見ながら先生より確認と対策(初診までにすべきこと、費用面も含めて)のお話があり、「おッ、これはかつての歯科医と違う」と確信できるものがあり、治療をお願いすることにしました。

1週間分の食生活・水分摂取量等の記録をとった後、改めて初診(有料)のはこびとなりました。
初診は3時間半。いまだかつて経験したことのない長時間の診療でした。

歯周病検査、歯部位レントゲン、尿検査からはじまって、唾液の各種検査、口腔内の臭気検査等々。科学的検査のほかに人間の嗅覚による感知チェック(複数の先生方が実際に鼻で嗅ぐ)なども行われ、珍しい治療方法に驚かされました。

極めつけは1週間の食生活レポート(生活調査票)に対する総評でした。
私は口臭の原因となる最悪の食事・飲料の摂取の仕方をしていて、久美子先生よりズバズバ指摘と改善指導がありました。

口臭を気にされている方。
洋食(肉好き)・パン食派(朝はトースト派?)ですか?コーヒー・紅茶あるいは日本茶をよく飲みますか?ケーキ・クッキー・ピザなど好きですか?牛乳・ヨーグルト・乳製品・卵などよく食べますか?タバコは吸いますか?食後に歯磨き(歯磨き粉付けて)よくしてますか?舌を出してしばらくしても唾液がポタポタたれて来ないですか。

上記にハイが2つ以上あって、歯磨きしても口臭が一向に改善されないと悩まれている方は治療(まずは無料相談)をお勧めします。

加齢とともに代謝が悪くなる中で素人療法はほとんど無意味だと思います。
自分の常識(世間の常識)が実はいかに非常識であるか久美子先生が教えてくれます。

初診後、先生の指導を守り実行。
ナント1週間後には口臭がまったく無くなってしまいました。「驚きですッ!」

現在はさわやかな口内にとても満足する日々を送っています。
あの厳しい妻も改善された私の様子に驚きを隠せないようでした。
「あなた最近ぜんぜん臭わないわねッ。やっぱりスゴイね専門医って!」

費用対効果バツグンでした。
久美子先生、熊川先生、青島さん。感謝!感謝です。
ありがとうございました。

 


 

私から
治療成績でご紹介しているように、当院の口臭治療では若い女性患者さんが圧倒的に多いため、この「卒業生の声」のコーナーも自然にそういった方たちの声が多くなっています。

それでI さんのように、職場で責任ある仕事に就き、精力的にご活躍なさっている男性の潜在患者さん達に向けて、I さんのの声をどうしても掲載したいと思いお願いしましたところ、快く引き受けてくださいました。I さん、こんなに素晴らしい大作を送っていただいて本当にありがとうございました。ご多忙の中、お時間を割いてくださって本当にありがたいと感謝しています。

長いので割愛して頂いても構いませんと言っていただきましたが、せっかく書いていただいたもの、一語一句変更せず全文掲載させていただきましたーこれはどの方の"声"についても同じで私のほうで手を加えることは今までしておりません。

I さんが体験されたように口臭治療=口腔清掃と考えていらっしゃる方が、一般の方はもちろん、歯科の先生でも大変多くいらっしゃいます。口腔清掃状態が悪く口臭を引き起こしているケースもありますが、そういった方たちはほんの一部です。

いくら歯磨きをしても、いくらリンスをしても治らない、虫歯や歯周病も治療し、親知らずも抜歯したのに治らない・・・そういった方たちがほんだ式口臭治療法でどんどん治って行きます。I さんが書かれたように、口臭が起こってからの既往歴の長さを考えると、たった1週間でその変化に驚かれると思います。

男性の50歳前後というと本当にお仕事が充実している時期だと思いますが、全力で取り組まなければならない大事な時だからこそ、重要なコミュニケーションの妨げになったり職業人としての評価を落としかねない、"口臭"といった問題を一日でも早く解決して、今まで以上にアクティブに自信を持ってお仕事に取り組んでいただけたらと思います。

2年位前の患者さんで、口臭治療を受けたあと、俄然仕事に頑張り、会社創立以来の売り上げを記録した方がいらっしゃいました。

その報告を頂いた時は本当に私自身とても嬉しかったです。きっとI さんも・・・I さんのお仕事が数字に直結するものではなくても・・・精神的にはきっとI さんもその方と同じに違いありません。I さん、卒業おめでとうございます。


世界で初めての

   女性専用

      口臭治療サロン 


卒業生の声

        臭治療

    心理カウンセリング

出張診療/研修

女性歯科医師のいる東京港区の歯科医院FukudaMKMは女性専用口臭治療専門外来

看板犬 ミルキー のブログ

  1. 2016/05/25 ボブ君のママと・・・

     ボブ君のママが、遊びに来ました。ミルキー...続きを読む
  2. 2016/05/23 葉山まりん―②

    テラスはワンコ連れで一杯 U^ェ^U  ワン...続きを読む
  3. 2016/05/23 葉山まりん―①

     ほら、着いたわよ。ミルキーは初めて来たで...続きを読む
  4. 2016/05/22 新しい友達ができたの!

     お散歩してたら、ミルキーと同じ柴犬に会っ...続きを読む
  5. 2016/05/19 新緑の季節!

     緑がきれいだね~     風が気持ち良い...続きを読む
Powered by Flips